『イースタン・プロミス』デヴィッド・クローネンバーグ

マフィアとして生きる男の孤独と野望

イースタン・プロミス

《公開年》2007《制作国》イギリス
《あらすじ》ロンドンのクリスマスの夜。アジムの理髪店で、ロシアンマフィアの男が喉を切られて死んだ。同じ頃、助産師のアンナ(ナオミ・ワッツ)が勤める病院に10代の少女が救急搬送されてきた。彼女は妊娠しており、女の子を出産した後に息を引き取ってしまう。
彼女の日記を手にしたアンナは中を読もうとするが、ロシア語で書かれていて読めない。日記の中からロンドン市内のロシアンレストランの名刺を見つけたアンナは、手掛かりを求めて店を訪ねた。優しそうな年配のロシア人男性が迎えてくれ、彼の名はセミョン(アーミン・ミューラー=スタール)といい、少女のことは知らないが日記の翻訳を手伝ってあげようと申し出た。
セミョンの息子キリル(バンサン・カッセル)は放蕩息子で、運転手のニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)を従えて遊び回っていた。後日、アンナはセミョンに日記のコピーを渡し、その帰り、バイクが故障してニコライに助けてもらう。ニコライはキリルの下で働き、アジムの理髪店で殺した男の遺体処理をさせられていた。
翌日、アンナの働く病院にセミョンが現れ、日記によるとキリルが少女に乱暴してできた子どもが先日生まれた赤ん坊だと言う。一方、ロシア人の伯父のステパンは、乱暴したのは父セミョンだと言い「この日記に関わらない方がいい」と忠告した。
セミョンから、日記帳と引き換えに少女の故郷の住所を教えるという申し出があり、その受け渡しに現れたのがニコライだった。だが、住所は知らないとシラを切った。セミョンはステパンが日記の内容を知っているのを危惧して、殺すようにニコライに命じた。
ニコライはセミョンやキリルの信頼を得てマフィア組織「秩序ある盗賊」の一員になった。ところがセミョンはキリルの命が狙われていることを知り、ニコライを替え玉にすることを思いつく。ニコライは公衆浴場のサウナで二人の男に襲われて重傷を負い、アンナの勤める病院に運ばれた。
入院したニコライに面会に来たのはFSBの職員で、実はニコライはマフィアの潜入捜査官だった。アンナは、行方不明になったステパンの行方をニコライに尋ねた。「スコットランドにいる。殺せと言われたが逃がした」と聞いて安堵する。そしてレイプを立件するため、セミョンの血液を採取した。
ところがアンナは、新生児室からキリルが赤ん坊を盗み出すところを目撃する。急いでニコライと後を追い、水辺で赤ん坊を始末しようとするキリルを説得して取り戻した。アンナの「あなたは何者?助けてくれた」の問いにニコライは「王座が空かないと俺が王になれないからな」と答えをはぐらかしながらも思いが溢れ、キスをして別れた。
やがて赤ん坊はアンナが引き取り、セミョンは逮捕された。ニコライはマフィアの一員として今もなお暗躍している。



《感想》一人の少女の出産と死という事件を発端に、ロンドンを根城に暗躍するロシアンマフィアの人身売買の実態が明るみになり、マフィア家族とロシア系移民家族が交錯する。そんなイギリス版『ゴッドファーザー』のような物語。前作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』はどこか西部劇に似た展開の報復劇だったが、本作は激しい抗争を描きながら切ないような複雑な情感が漂う家族のドラマだった。
まず暴力描写が衝撃。冒頭の理髪店の虐殺、サウナでの全裸格闘ではロシア独特の鎌形のナイフが使われ、これが生々しい迫力を生んでいる。
そして、住む世界が違うアンナとニコライが惹かれ合っていく心の機微が繊細に描かれる。アンナの「あなたは何者?」の問いに、あくまで自分の正体を隠そうとはぐらかすニコライ。『カサブランカ』のラストのようで、この“はぐらかしダンディズム”がいい。思いを秘め気持ちに背いて去る男の背中が切ない。
そのエンディングは唐突であっけない。アンナの前から消えたニコライはその後マフィアの一員に戻るが、潜入捜査の続きなのか、マフィアのボスの座を狙っているのかは分からない。ニコライが黙して座っているだけのエンディングだが、語らずして語り尽くしているようで、これもなかなかに見事。
そう思えるのも、男の孤独を無言で表現するヴィゴ・モーテンセンの卓越した演技があってこそ。残忍さの中に秘めた優しさ、その色気漂う佇まい、抑えた演技が輝いていた。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

映画レビューのモットーは温故知新、共感第一、偏屈御免。映画は広くて深い世界、未だに出会いがあり発見があり、そこに喜びがあります。鑑賞はWOWOWとU-NEXTが中心です。高齢者よ来たれ、映画の世界へ!