『丹下左膳餘話 百萬兩の壺』山中貞雄 1935

コメディ風で人間味あふれる左膳像

Tange sazen yowa Hyakuman ryo no tsubo poster.jpg

《あらすじ》江戸の道場に婿養子に入った柳生源三郎(沢村国太郎)は、兄の柳生対馬守から結婚祝いにと、「こけ猿の壺」を貰うが、そこには祖先が残した百万両の在りかの地図が隠されていた。それを知った対馬守は、急遽使いを出し源三郎から壺を取り戻そうとするが、そうと知らない源三郎は祝いの品が古びた茶壷一つと腹を立てていて、だが不審に思って使者を問い詰め秘密を聞き出した。
しかし妻萩乃が既に屑屋に売り払った後で、屑屋から隣に住む七兵衛の息子の安吉の手に渡り金魚の住み家になっていた。
やもめの七兵衛は夜ごとお藤(喜代三)が営む矢場に通っていて、その店の居候兼用心棒が丹下左膳(大河内傳次郎)だった。ある夜、難癖をつける客と七兵衛が諍いになり、一旦左膳が収めて見送った直後に何者かに襲われ、「息子を頼む」と言い残して命を落としてしまう。父親の死を伝えられない二人だったが、やがてお藤が安吉を引き取ることになる。
一方、源三郎は壺を探して江戸市中を歩き回っていて、妻や道場からの解放感も手伝って、矢場に通ううち店のお久に惹かれるようになっていた。ところが安吉のために、左膳と源三郎とお久が連れ立って金魚釣りに出かけたところを、萩乃に目撃されてしまう。
源三郎はその後、屑屋を見つけたことから、安吉の壺がそれと気づくが、外出の自由を奪われたくないため、黙っていようと決める。しかし萩乃から女遊びを疑われ家から出られなくなってしまった。
その頃江戸屋敷では、「壺を求む」の貼り紙を出して、壺を買い集める作戦を開始し、多くの人が壺を抱えて屋敷に押し寄せていた。
ある日、安吉が往来で大金を盗まれてしまい、両替商がお藤の店に60両返せと怒鳴り込んできた。そのことから左膳とお藤が喧嘩をし、それを苦にした安吉は壺を持って家出してしまう。
何としてでも翌日には金を用意しなければならない左膳は、賭場で金を作ろうとするが叶わず道場破りに出かける。行った先が源三郎の道場で、そうと知らずに左膳は門弟を次々に倒し、萩乃に責められ嫌々出てきた源三郎と顔を合わせる。
互いに気付いて驚くが、知らぬ振りして試合が始まり、その最中に二人はこっそり申し合わせをする。左膳が負ける代わりに60両貰うとことで交渉が成り立ち、源三郎に打ち取らせた。
左膳は安吉の壺が探している壺だと源三郎から聞いた。その頃、安吉は壺を売ろうと江戸屋敷の列に並んでいて、追いかけた左膳は間一髪止めることができた。源三郎は再び外出が許されお藤の矢場に通うようになるが、壺が見つかってしまっては浮気が出来ないと内緒にして、壺は左膳に預けることにした。

《感想》この映画を観て原作者の林不忘は自分の左膳像とは違うと怒り、それゆえタイトルに「余話」が付き、原作のクレジットは許されなかったらしい。
確かに本来の左膳は殺気溢れるニヒルな浪人で、『大菩薩峠』の机龍之介のようなイメージなのだが、本作の左膳像は全く異なり、ヒモのような暮らしをするお人好しの人物としてユーモラスに描かれている。この辺に、時代劇なのに現代的な「マゲを付けた現代劇」と評される山中貞雄のスタイルが見える。
大河内傳次郎に次ぐ左膳役者は大友柳太郎で、その後の豊川悦司に至るまで時代を超えて後世に残ったのは、この人間味溢れる左膳像だった。映画における今の左膳は山中が創り出している。
ただ原作者の怒りを買ってまでも、なぜ左膳をこれほどコミカルで人情味のあるキャラにしたかったのか、そこに時代の陰りのようなものを感じる。ニヒルな浪人でなく、自堕落な浪人の内に潜む虚無を描こうとしたのではないか。
時代背景を見ると、まもなく二・二六事件が起き日中戦争へと傾いていく、軍国主義が台頭していった頃の作である。後の『河内山宗俊』『人情紙風船』程ではないが、時代の不穏な空気と庶民のやるせない心情が感じ取れる。
ヒモ暮らしの浪人と遊び人の道場主という情けない男が、享楽的で無為な遊びに興じる様は、キナ臭い世の中を笑い飛ばしたい気持ちの表れのようで、その底に厭世観とか諦観、悲哀が見え隠れして、深読みを誘われる。
そして、大胆な省略を施した簡潔な編集と展開のテンポ良さ、闊達な語り口が心地いい。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、映画選びのモットーは温故知新、共感第一、ジャンル無節操、です。 映画は時代と人生を映す鏡。心に響くドラマと愉悦を求めて、偏屈映画ジーサンをやっています。ボケ防止のレビューを書きながら。