『太陽を盗んだ男』長谷川和彦 1979

退屈を抜け出し、輝くはずだったが……。

《あらすじ》中学校の理科教師、城戸誠(沢田研二)は、クラスの社会科見学に出かけた際、バスジャック事件に巻き込まれ、山下警部(菅原文太)らの体を張った救出作戦に救われる。
その後、城戸は交番の警官を襲って拳銃を奪い、その拳銃を手に東海村原子力発電所に侵入して液状のプルトニウムを強奪し、原爆製造工場と化した自室で金属プルトニウムを完成させた。
手作りの原子爆弾と時限装置を完成させた城戸は、国会議事堂にダミーの原爆を置き去りにして、日本政府を脅迫する。城戸が交渉相手に名指ししたのは山下警部だった。
城戸は、「プロ野球のナイターを最後まで放送せよ」と要求し、当時核保有国が8か国で、自分は9番目だから「9番」と名乗る。その夜、ナイターは急遽完全中継された。
原爆を作ったものの他の要求を思いつかない城戸は、ラジオのDJ・ゼロこと沢井零子(池上季実子)の公開生放送に電話で相談をし、怪しげな電話を面白がった零子の提案で「ローリングストーンズの日本公演」に決まる。城戸がその要求をすると、やがて来日決定の報が新聞をにぎわす。
しかし、原爆を作るために借金をした城戸は、サラ金業者から返済を迫られ、嫌々出した第3の要求「現金5億円」に、山下は奮い立つ。そして山下は、都内の全通話を一時停止させることで逆探知時間を短縮させるという奇策を仕掛ける。
受け渡しの当日、城戸はデパート屋上から電話をかけるが、逆探知で城戸の現在地が判明し、駆け付けた警察によってデパートの出入り口が封鎖されて追い詰められる。だが城戸は、山下に原爆の隠し場所を教え、5億円を屋上からばらまくことを指示して、空から降るお札で大騒ぎの街の中を逃げ切った。
城戸が街をさまよっていると、既に正体を見破っている零子に声をかけられ、教えられた原爆の保管場所を襲って、原爆を取り戻すことに成功する。
しかし、城戸と零子は逃亡中、警察とのカーチェイス、ヘリとの攻防、銃撃にあい、零子は銃弾によって命を落とした。
ローリングストーンズ公演の日、城戸は原爆の入ったバッグを持って武道館に向かい、入り口に張り込んだ山下と対峙する。城戸は山下に拳銃を突き付けて、30分後に爆発すると脅迫した。
そして山下をビルの屋上まで連れて行き、銃弾を何発も撃つが、瀕死の状態ながら城戸を担ぎ上げた山下は、一緒に屋上から飛び降りる。山下は死亡したが、城戸はどうにか生きながらえた。
城戸は、放射線に蝕まれた瀕死の身体で原爆を持ちながら街を歩き、やがて30分が過ぎて、爆発音と共に画面は暗転する。

《感想》都会の孤独な青年教師が、原子爆弾の製作に生きがいを見つけて完成させるが、そこに意味や目的を見出せないまま、それまでの鬱屈を晴らすかのように、成り行き任せのテロ行為に走っていく。
金銭にも世俗的なことにも無関心なその男にとって、単に退屈しのぎのようでもあり、自らの存在を社会に認めさせたい隠れた欲求があるようにも思える。そんな純粋で愚かで情熱的なオタク青年が、赴くままに突っ走り破滅していく様には青春映画の趣があって、切なくもある。
映画はテンポ良くスピーディに展開し、リアリティ度外視で、奇想天外、荒唐無稽な徹底した娯楽映画に仕上がっている。
原爆というとナーバスにならざるを得ないのが一般的な国民感情だが、ここに描かれる原爆は、非力な若者が求めた強大な力の象徴のようなもので、原子力のリアルな暴力性を前面に出している訳ではない。
それでも不謹慎と解する向きもあるだろうが、骨太で毒があって、無茶苦茶な分、画面から溢れるエネルギーは圧倒的で、文句なく面白い。
また、この頃の低予算映画では無許可の街頭ゲリラ撮影が横行していたが、本作はそれ以上に過激で、皇居へのバス突入、国会議事堂侵入、ビルからのお札ばらまき、首都高でのカーチェイス、全てゲリラだそうで驚く。
そこに昭和映画の熱気を感じるし、“逮捕され要員”として待機していたのがチーフ助監督だった相米慎二、というエピソードも面白い。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操、が映画選びのモットーです。 心に響くドラマを求めて、映画の中の人生をあちこち旅しています。