『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』アレクサンダー・ペイン

老いに寄り添う家族愛をしみじみと
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅のイメージ画像1
《公開年》2013《制作国》アメリカ
《あらすじ》100万ドル当選のインチキ手紙を受け取り信じ込む老父ウディ(ブルース・ダーン)を、次男デヴィッド(ウィル・フォーテ)は詐欺だからと止めるが、なおも徒歩で行こうとするので、仕方なく父を車に乗せモンタナ州からネブラスカ州リンカーンを目指す。
旅の第一夜。外をうろついて帰ったウディが頭にケガをして、病院で入院を勧められたがウディは行くと言い張り、途中にある父の故郷ホーソーンの伯父宅に滞在しようと提案し説得した。
ウディの兄レイ宅に到着し、夜の街に繰り出すと、ウディの昔の共同経営者エドに再会し、昔の仲間たちと思い出話に花を咲かせたウディは、皆に100万ドルの当選話をして盛り上がり、翌日には伯父一家にも知られてしまう。
そこへ母ケイト(ジューン・スコイッグ)がやって来る。大金当選の噂は町中に広まっていて、町の新聞社から写真撮影をする少年が来る事態になり、デヴィッドは事情説明のために新聞社に出向いた。
亡き夫と新聞を発行していたという経営者のペグは、すんなり理解してくれ、父の元恋人だったという話と、かつては戦闘機パイロットで戦争から帰還した後、酒に溺れるようになったと聞く。
両親と食事しようとカフェに出向くと、エドに話しかけられ、昔貸した金を返してくれと脅される。
翌日は親戚一同が伯父宅に集まる日で、デヴィッドの兄ロスも到着する。食事が始まり、当選話は真実ではないと話すが誰も本気にせず、親族間のいがみ合いになってしまい、デヴィッドら4人は伯父宅を後にした。
4人はウディの生家を訪れる。今は廃墟と化していたが、弟の死、厳しい両親など、ウディの思い出話を聞かされる。
バーで休憩をして店を出ると、覆面姿の暴漢に襲われる。明らかに従兄弟の二人で、当選の手紙を奪われるが、取り返そうと二人の元に出向くと、インチキであることを知って捨てたという。
更に手紙を求めて老人たちが集まるカフェに行くと、エドが手紙を拾って皆の笑いのネタにしていて、怒ったデヴィッドはエドを殴る。
ウディが体調を崩してしまい、旅を中止しようとデヴィッドは説得にかかるが、トラックを買いたい、そしてお前たちに何か残したいと言って諦めない。
ウディは入院するが、デヴィッドが仮眠から目覚めると姿が消えていて、徒歩でリンカーンに行こうとしている。父の強い思いにデヴィッドは何も言わず、車でリンカーンにある手紙の送り主の元を訪ねたが、そこで当選していないことが明らかになった。
モンタナに帰る途中、乗ってきた車を中古のトラックと交換して父に贈り、車通りの少ないホーソーンの町でウディに運転を任せる。古い知り合いと目を合わせ、人々は驚き、ウディは目を輝かせた。

《感想》ボケの始まった老父と、それを優しく見守る息子が旅に出て、旅の途中で親戚、友人ら旧知の人々の別の素顔に出会う。そして、気持ちが離れてしまっていた父子が、旅をしながら打ち解けていく。
そんな家族愛のドラマなのだが、人生のたそがれを描いた老人映画かなとも思えた。
思い通りにはいかず、もはや夢にすがるしかない人生の終局を迎えた切なさ。一方で老いても欲と嫉妬は相変わらず旺盛という人たち。そんな老人は、周囲にとって慈しむべき存在でありながら、身勝手で頑固な本音がエスカレートして、次第に厄介な存在になるようだ。
加えて、親族がこぞって大金当選に群がり暴力沙汰に至る浅ましさ。笑いに包んでいるが、身近な人ほど欲が絡めば……とシニカルに描いている。
それにしても、この息子の寄り添い方、辛抱強さには頭が下がる。ラストは父親の夢を叶え、ドヤ顔と目の輝きを取り戻す。
「入れ歯が合っているかどうかは自分だけが知っている」と父が言うが然り。親の願いを汲み取ることが第一歩なのだと思う。
やや退屈に感じる人もいるかと思うが、心の内の喜びや哀しみを丁寧に、淡々と描くのが監督の持ち味で、本作もしみじみと響く地味な良作だと思う。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操、が映画選びのモットーです。 映画を通して人生を見つめたい、そんな思いで“映画の旅”をしています。