『グッバイ、レーニン!』ヴォルフガング・ベッカー

激動下で親子をつないだ優しい嘘

《公開年》2003《制作国》ドイツ
《あらすじ》
東西統一間近の東ドイツに住むアレックス(ダニエル・ブリュール)は、母クリスティアーネ(カトリーン・ザース)、姉アリアネと共に暮らしている。父親はかつて別の女性を追いかけて西ドイツに亡命していて、それ以来10年、母は狂信的な社会主義者になっていた。
ある晩、反社会主義運動のデモに参加したアレックスだったが、その姿を偶然目撃した母は心臓発作を起こして倒れ、昏睡状態に陥ってしまう。
母の病室の担当看護師はララ(チュルパン・ハマートヴァ)といい、デモのとき出会った二人は交際を始めるが、やがてベルリンの壁が崩壊し、旧体制は街から消え去り、資本主義の波が押し寄せた。
昏睡状態となって8か月、母は目を覚ますが、再び発作を起こすと生命に関わるので刺激を避けるよう医師から言われ、社会主義体制崩壊というショックを与えないよう、アレックスは入院でなく自宅療養の道を選ぶ。
すっかり西ドイツ化した内装、家具、洋服を元通りに戻し、母の好物のピクルスはかつての瓶を探し出して詰め替え、母の誕生日には子どもに小遣いを渡して東ドイツ時代の歌を歌ってもらい、友人のライナーには偽のニュースビデオを作らせ、アレックスは西ドイツの影響を隠し通そうとした。
そんなアレックスの数々の嘘に、ララやアリアネは乗り気でなく、苛立って真実を伝えるべきと忠告するが、彼は耳を傾けない。
やがて母は一人で歩けるようになり、息子の目を盗んで部屋を抜け出し、世の中の変化を知ってしまう。慌てたアレックスは、嘘のテレビ番組で西ドイツの難民を受け入れていると納得させるが、それを信じ切った母は、かつて家族で住んでいた森の小屋で難民を受け入れたいと皆で小屋に出向く。
そこで母はアレックスの父親の亡命の真相を明かす。彼は女性のために亡命したのではなく、社会主義に反発し家族全員での亡命を望んだが、母の反対で家族は残り、そのことを母は今でも後悔していると話した。
その後母の容態が急変し、危篤状態に陥ったため、隠してあった手紙の住所を頼りにアレックスは西ドイツに住む父親を訪ねる。
父親は家庭を持ち裕福な暮らしをしていて、アレックスは母に会って欲しい、また彼女はベルリンの壁崩壊の事実を知らないので口裏を合わせて欲しいと頼んだ。
ところが、母が父親に会う前に、ララが母に本当のことを話していた。そのことを知らないアレックスはまたもや嘘のニュースを作り、東ドイツが経済的に困難な西ドイツに国境を開けていると伝えた。
そして母は父親との再会を果たし、東ドイツの崩壊を知りながら、息子のためそれを内に秘めて、素晴らしいと微笑んで亡くなった。
アレックスは、おもちゃのロケットに母の遺灰を詰め、それを空に飛ばして撒き、エンド。

《感想》昏睡状態に陥った社会主義者の母親が目覚めたら、国の体制が崩壊していて、母親にショックを与えないよう、そのことを悟られないよう、必死に嘘をつき、辻褄合わせをして頑張る健気な息子の物語。
どんどん西側化していく暮らしを昔風に繕ったり、東ドイツ時代の名残りをかき集めたり、偽のニュース番組を作ったり……豊かさの到来を享受しながら、それをあからさまに出来ない困惑ぶりと、次々飛び出すカモフラージュのアイデアが微笑ましい。
母の死を前にして、ニセの国家指導者に社会主義の理想を演説させ、そこに母の喜びを信じる息子と、真実を知りながら息子の思いを素直に受け止める母。この母子の絆こそが、政治体制の是非を論じる以上に本作の主眼であって、しんみりした余韻を残す優れた家族ドラマたり得ている。
資本主義で得られる自由と物質的豊かさは魅力だが、格差や失業が生まれ、必ずしも幸福を保証するものではないし、社会主義下では、最低限の生活と精神の安定は得られるものの、何かと窮屈で不自由である。
映画は、どちらかの政治的イデオロギーに偏ることなく、それよりも大切なものがあると、さり気なく語る。ユーモアとペーソスに溢れた良作。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です