『アンダーグラウンド』エミール・クストリッツァ

戦争の悲哀、怒り、祈りをファンタジーに込めて

《公開年》1995《制作国》仏、独、ハンガリー、ユーゴスラビア、ブルガリア
《あらすじ》舞台は旧ユーゴスラビアで、50年の歴史が3章構成で描かれる。
1)戦争:1941年、ナチス侵攻下のセルビアの首都ベオグラートでは、パルチザンの活動家にして共産党員のマルコ(ミキ・マノイロヴィチ)が友人の電気工クロ(ペタル・ポパラ)を活動に誘い、組織で頭角を表していく。
マルコは、動物園の飼育係だった弟のイヴァンやクロの妻ヴェラたち避難民を自宅地下室に匿い、そこで武器製造しているが、そんな中ヴェラはクロの息子ヨヴァンを産んで亡くなった。
マルコとクロが憧れる女優ナタリア(ミリャナ・ヤコヴィチ)は、障害者の弟バタと自分の保身のためにナチス将校フランツの恋人になるが、クロは奇策で奪い返し、強引に結婚式を挙げた。しかし、クロはナチスに逮捕され厳しい拷問を受ける。
マルコはフランツを暗殺してクロを救出するものの、その際クロは大怪我をし、マルコの地下室に匿われたまま終戦を迎える。
2)冷戦:1961年のユーゴスラビアでマルコはチトー政権の実力者となり、女優ナタリアを妻に迎えた。また、マルコは地下世界の人たちに、第二次世界大戦はまだ継続中と信じるよう策略を巡らせ、武器の製造密売を続け私腹を肥やしていた。
さらにマルコはクロを、国に殉じたパルチザンの英雄に祭り上げていた。
時は流れ、マルコが英雄クロの伝記映画の撮影を進める頃、地下室ではクロの息子ヨヴァンの結婚式が行われていて、欺瞞に耐えきれないナタリアが酒に酔いマルコとの恋人関係をクロに告白しため、クロに問い詰められたマルコが発砲し、猿が戦車で砲撃を始めるなど混乱に陥る。
その隙に地上に出たクロとヨヴァンは、英雄クロの伝記映画の撮影現場に出くわし、ドイツ占領下にあると思い込んだ二人が映画撮影班を血祭りにあげてしまう。
襲撃犯として追跡・銃撃されたクロとヨヴァンは川に消え、欺瞞が暴かれたマルコとナタリアは、地下室を爆破して逃げた。
3)戦争:1992年、イヴァンは精神病院にいて、医師から「ユーゴは分裂消滅、兄マルコは悪名高い武器商人」であることを知らされ、兄マルコへの復讐を誓い、地下道をさまよい旧ユーゴに戻る。
そこでは激しい内戦が行われていて、軍隊の指揮をしていたのはクロだった。
その内戦の中イヴァンは、まだ武器商人を続けているマルコを殺害し、兄殺しの罪の意識から首を吊った。
車椅子のマルコとナタリアは兵士に捕らえられ、旧知の二人とは知らず指示を求められたクロは、無線で二人の処刑を命じ、後に知って嘆き悲しむ。
ドナウ河に面した川辺でヨヴァンの結婚式が行われ、死んだはずの面々が集まり、やがてその宴は大地を離れ、川を流れていってエンド。

《感想》第二次世界大戦後に連邦共和国として生まれ、後に構成国の自治・独立運動による紛争で消滅した、旧ユーゴスラビアの抗争の歴史が描かれる。
と言っても、シリアスな史劇ではなく、喜劇とファンタジーで大胆な色付けをして、荒唐無稽に突っ走る奇想天外なものになっている。
リアリズム一辺倒で描くにはあまりにも過酷な現実だが、それでも語らねばならない祖国への思いを、せめてファンタジーで包んでということなのだろう。
登場するのは、策略家の兄と動物を愛する弟、男気溢れる父と溺愛する息子、小悪魔的女優と障害ある弟、それに軽薄なドイツ将校など濃いキャラが相互に絡んで、騙し合い、裏切り合い、殴り合い、愛し合う。
戦時下にあっても、平時と変わらない人間の喜怒哀楽が描かれる。
ラスト、死者たちが集まった川辺の宴は、大地が島の形に裂けてドナウ河を流れていく。この映画製作時点では終結していない旧ユーゴの紛争に対して、人は歴史の中で共に生き、運命的に流れていくものと、民族間の和解を願った祈りなのだろう。
前半はやや狂騒的なドタバタに辛抱を強いられるが、後半には内なる愛憎や葛藤が加わり、描かれる人間の愚かさや切なさには心動かされるものがある。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です