『レッド・ファミリー』イ・ジュヒョン

自由な家族に憧れ、ニセ家族の心が揺れる

《公開年》2013《制作国》韓国
《あらすじ》韓国のある住宅街に、仲睦まじい家族を装った4人の北朝鮮スパイ「ツツジ班」がいた。
班長は妻役のスンへ(キム・ユミ)で、夫役ジェホン(チョン・ウ)、祖父役ミョンシク(ソン・ビョンホ)、娘役ミンジ(パク・ソヨン)らと共に暮らしながらも、互いに監視し合い規律に縛られたニセ家族だった。
スンへたちは町工場を営む連絡員・野ウサギ(キム・ジェロク)から指示を受け、脱北した反抗分子を暗殺する任務を負っている。
その隣家にはいつも騒々しい家族が住んでいて、男子高校生・チャンス(オ・ジェム)と両親、祖母の4人家族は口喧嘩が絶えず、スンへたちは隣の家族を“資本主義の限界”とバカにしていた。
しかし毎日ささいな喧嘩を聞いているうち、偽りのない感情をぶつけ合うその姿に、次第に心を動かされていく。
祖父役ミョンシクは隣の祖母と親密になり、娘役ミンジは隣のチャンスと交際を始め、家族同士の交流にまで発展するが、そんな折、夫役ジェホンの実の妻が脱北に失敗したことを知る。
処分を恐れたスンへは、大きな手柄を立てれば恩赦が下りるかもと考え、彼らの独断で脱北の大物政治家を暗殺するが、実は脱北と偽ってスパイ活動をしている同士だったという大失態を犯してしまう。
祖国に残した彼らの家族を守るため4人に与えられた指令は、彼らを腑抜けにした「隣の家族の暗殺」だった。
罪のない家族を手にかけることに躊躇する4人だったが、隣家の家族を無人島に誘い出し、キャンプ中に殺害する計画を立てる。しかし、実行できずに見張りの男たちに捕まり、船上で処分を待つことになる。
スンへが「隣家の口論」のセリフを口にし、4人がそれぞれの役割を再現するかのように演じ、4人は本当の家族になったかのような気分に浸っていく。
その必死の演技を見守る工作員は、ただ絶句するのみ。工作員もまた疑問を抱きながら任務を遂行する身だった。
ミョンシクは末期がんの発作で亡くなり、スンへとジェホンは自ら命を絶ったが、ミンジは見逃されて助かり、恋人チャンスの前に現れてエンド。

《感想》隣の本物の家族は喧嘩ばかりしているが、ニセの家族には喧嘩することすら許されない。普通の暮らしを送りたいだけなのだが、それですら彼らスパイには夢になる。
祖国に残した家族を守るため、仲間と我が身を守るため、率先した愛国行動が自分たちを窮地に追い込んでしまう。なぜ殺すのか、なぜ殺されなければならないのか、誰もが答えに窮して胸が痛む。
そして、捕えられてから命を絶つまでの4人の“家族芝居”が凄い。
隣の家族のやり取りをなぞっているだけなのだが、それが真の望みであり、心からの叫びだった。
閉塞感に満ちた政情での任務、そして運命の残酷さに対する、4人のやり場のない怒り、感情が爆発して、その叫びは切なくて重い。
ラスト、娘役ミンジが生き残り青春している姿が、せめてもの救いであり希望である。「南北問題は対話で解決すべき」と考える若い人たちに希望を託すかのように映画は終わる。
キム・ギドクの脚本、プロデュース作品だから、やはり単なるサスペンス・コメディ映画ではなかった。サスペンス色とブラックな笑いの裏に、心からは笑えない息苦しさが潜んでいた。
どこまで事実に基づくのか、その辺も気になる。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です