『舞踏会の手帖』ジュリアン・デュヴィヴィエ

過去への旅はシニカルに人生を語る

《公開年》1937《制作国》フランス
《あらすじ》イタリア・コモ湖畔に住むクリスティーヌ(マリー・ベル)は、年の離れた資産家の夫を亡くし、身寄りや友のない彼女はもう一度人生をやり直そうと、20年前の16歳時に初めて舞踏会に出た折の手帖を頼りに、かつて愛されたダンス相手を訪ねて回る。
まず訪れたジョルジュの家では母親(フランソワーズ・ロゼ―)が迎えた。クリスティーヌを深く愛していた彼は彼女の結婚を聞いて自殺し、精神異常となった母親は、彼女をクリスティーヌの母親と勘違いして追い出した。
次はキャバレーの経営者となっているピエール(ルイ・ジューヴェ)で、今はジョーと名を変え、夜盗団の采配も振るっている。かつての文学青年の面影は消え、クリスティーヌが唱える詩に付き合っていたが、夜更けに警察に曳かれていった。
作曲家志望だったアランは神父になり、児童聖歌隊に讃美歌を教えていた。かつてはクリスティーヌを想って死のうとしたことがあると聞いて、彼女の心は痛んだ。
詩人気取りだったエリックはアルプスの登山ガイドになっていた。久しぶりの再会に意気投合して、無人の山小屋に同宿しようと決めたとき遭難事件が発生し、山男は彼女より仕事だと直ちに雪崩の現場へと向かった。
政治家志望だったフランソワは田舎町の町長になっていて、折しも女中を後妻に迎える結婚式の日で、自作自演のワンマン挙式を陽気に進めるが、その裏ではならず者の養子に手を焼いていた。
マルセイユに住むティエリーは堕胎で稼ぐ闇医者になっていた。精神障害に悩んでいて、妻と三人で貧しい食卓を囲むうちその発作が出て、彼女は妻から追い出された。
生まれ故郷の町ではファビヤンが美容師になっていて、昔の会場で行われる舞踏会に誘われる。それは20年前に初めて体験した夢のような思い出と違って、あまりの侘しさに落胆した。
旅から帰るとむかし恋したジェラールの住所がわかり、湖の対岸と知って訪れると彼は直前に他界していて、その忘れ形見のジャックに迎えられる。遺した屋敷が人手に渡ると聞き、クリスティーヌは一人残された彼を養子に引き取り、これからは母親として生きることを決意しエンド。

《感想》資産家の夫を亡くした36歳のまだ若い女性が、これからの人生を模索しようと、20年前の舞踏会の手帖に記された男性の元を訪ねると、人生いろいろで彼らに昔の面影はなく、かつ自分への強い関心も示されなかった。
過去を旅しながら直面するのは現実の苦さで、淡い期待は落胆に変わるのだが、それが人生と知る旅でもあった。
結局、元カレの遺児を養子にして、母親の幸福をこれからの人生の糧として生きていこうという物語。
古すぎる話ではあるが退屈しない。
美しい思い出と現実の人生、甘さとほろ苦さが同居した、シニカルな笑いに包まれたその世界は、今観ても新鮮に映る。
よく練られた脚本と、名優たちによる熟練の演技、それは時代を経ても色あせないものと実感する。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です