『浮雲』成瀬巳喜男 1955

戦後混乱期の空虚さの中で彷徨う男女のメロドラマ

《あらすじ》戦時中の昭和18年、農林省のタイピストとして仏印(ベトナム)へ渡った幸田ゆき子(高峰秀子)は、そこで農林省技官の富岡(森雅之)に出会い、富岡が既婚者であることを承知で、二人は愛し合う。
やがて敗戦となり、妻と別れて君を待つと約束して富岡は先に帰国した。
遅れて帰国したゆき子が富岡を訪ねると、今は官吏を辞め材木の商売をしながら妻と暮らす彼がいて、その煮え切らない態度にゆき子は失望する。
失意のゆき子は生活のためと米兵のオンリーとなるが、そこへ富岡が訪ねて来て、結局二人はヨリを戻す。
終戦後の混乱で仕事がうまくいかない富岡は、米兵と別れたゆき子を連れて伊香保温泉に出かけ、そこで飲み屋の主人・清吉(加藤大介)と年若い女房・おせい(岡田茉莉子)に出会い、彼女に惹かれた富岡はおせいとも関係を持ってしまう。それに気づいたゆき子とは気まずいまま東京に戻る。
妊娠が判明したゆき子は再び富岡を訪ねるが、彼はおせいと同棲していて頼れず、かつて肉体関係を迫られ、今は新興宗教教祖として金回りのいい義兄の伊庭に頼るしかなく、金を借りて中絶手術をする。
入院先でゆき子は、嫉妬に狂った清吉が富岡の家を探し出し、おせいを絞殺した事件を知る。
退院後に彼女は再び伊庭の囲い者になるが、そこへやつれた富岡が現れ、妻の病死を聞かされる。
しばらくして富岡から、官吏に戻って屋久島に赴任する話を聞いたゆき子は、同行することを決意し、体調が思わしくないまま過酷な長旅を続け、島に着く頃には病状が悪化した。
掘建小屋の官舎に着いたゆき子は、もはや起き上がることも出来ず、富岡が仕事で出かけている間に血を吐いて亡くなる。
富岡が一人声を上げて泣きながら、ゆき子に死に化粧を施してエンド。

《感想》不倫で始まった男女の関係だが、男は妻と別れられず、更に他の女に走ってしまう。そんな男には愛想を尽かしそうなものだが、女は手が切れずグズグズするうちに嫉妬心が火種になって想いが再燃してしまう。
男女の愛という普遍的なテーマで、成瀬の代表作とも言える文芸ロマンの名作なのだが、互いに離れられず別れたりヨリを戻したりという取り留めのないメロドラマでもある。
それでも惹きつけられるのは、救いようのない自堕落な男を愛し、何もかも捨て堕ちていく女のピュア過ぎる想いへの感情移入なのか。
あるいは、男の狡さと女の一途さが絡んだ泥沼の恋の展開に、多少の羨望と期待を抱いての故か。
本作が単なるメロドラマを超えているのは、二人の駆け引きのような距離感が絶妙で、この腐れ縁のような心の機微が、森、高峰の真に迫った演技と、成瀬の複雑な感情を的確に表現するその演出力によって、切なく伝わってくるからである。
成瀬作品の魅力はその端正さである。粘質のドラマを、無駄のない細かなカット割りで淡々と描くその世界は少し乾いていて、心理描写も抑制が効いていながら奥深い。
ややもすると低俗に走りがちなこの物語を、究極の恋愛ものに押し上げているのは成瀬演出の為せる技である。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です