『ヴィンセントが教えてくれたこと』セオドア・メルフィ

不良老人の慈悲に“聖人”を見た子どもの成長

《公開年》2014《制作国》アメリカ
《あらすじ》酒とギャンブルが好きで、偏屈ゆえに皆から嫌われる独居老人ヴィンセント(ビル・マーレイ)の隣に、シングルマザーのマギーと息子オリヴァー(ジェイデン・リーべラー)の母子が越してきて、オリヴァーのシッターを頼まれる。
そこから不良老人と少年の交流が始まるわけだが、競馬場やバーに連れて行ったり、ケンカのやり方を教えるなど、大人の世界を垣間見せてくれる。
そんなヴィンセントにはいくつかの問題があって、妻は認知症で介護施設に入所中のうえ、恋人のような関係のダカ(ナオミ・ワッツ)が妊娠を理由にストリッパー(ポールダンサー)の仕事をクビになってしまい、金欠状態が続いている。
そして彼は脳卒中に倒れ、リハビリ中に妻が亡くなり、処分した妻との思い出の品々をこっそり拾って見たオリヴァーは、彼が単なる“酔っ払いのろくでなし”ではないと悟る。
折しも学校では「聖人」の授業があって、生徒による「私たちの周りの聖人」の発表会が催され、オリヴァーはヴィンセントを「欠点だらけだけど、聖人」と紹介し、「聖人とは、勇気、犠牲、慈悲、人間性を持った人」と言う。
居合わせたヴィンセントは、ステージに上がり、オリヴァーから首にメダルを掛けてもらう。
そしてヴィンセントは、父親不明の子を産んだダカ母子との共同生活を始める。

《感想》この不良老人を見ていると、大らかで、人生何とかなるという気持ちになるし、子どもとの交流にはホッコリしてしまう。
それにしても、不良老人と子どもは何かとドラマになりやすい。
正論を説く大人たちと違って、学校や親が教えてくれない不道徳な部分を見せてくれ、子どもには魅力的な大人の世界だったりする。
無責任と言えなくもないが、子どもの成長物語には便利なキャラと言える。
また、人生の終末期にある老人は、今までに世の中の正論と本音の矛盾に幾度となく出会い、今もなお居心地の悪い自らの状況につい悪態をついてしまう。
そうした不良性の核になっているのは、傷だらけの純真さで、子どもの気持ちと共鳴するところでもある。
ヴィンセントはまさに不良老人の典型だが、オリヴァーは裏に隠された彼の過去、彼が人知れず周囲に注ぐ慈悲の心を知ることになる。
これは大きな成長なのだが、それを“発表”することによって感動物語に結び付ける安易さが気になる。
これだけ強烈なキャラ設定をしたのだから、単に“聖人”とせず、嫌がられながらも人を惹きつける、魅力的な不良老人像を徹底させて欲しかった。
このパターンはよくあるだけに、結末の展開がやや残念に思えた。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です