『羊たちの沈黙』ジョナサン・デミ 

猟奇犯罪と狂気の精神科医に挑む女性捜査官の追跡劇

《公開年》1991《制作国》アメリカ
《あらすじ》FBIアカデミーの訓練生クラリス(ジョディ・フォスター)は、猟奇連続殺人犯バッファロー・ビルの捜査のため、患者殺害で精神病院に隔離されている天才精神科医レクター博士(アンソニー・ホプキンス)の元を訪れる。
バッファロー・ビルの心理を読み解いてもらうためだったが、レクターもクラリスに興味を示し、クラリスの過去を聞き出すことと引き換えに、事件捜査の手掛かりをもらすようになる。
クラリスは、父親が亡くなって伯父に預けられ、そこで伯父たちが羊を屠殺するのを目撃したことがトラウマになっていることを明かす。
一方レクターは、犯人がかつて手掛けた一患者と思われ、最初の被害者の周辺に手掛かりがあることを匂わす。
そんな時、上院議員の娘がバッファロー・ビルと思われる者に誘拐されるという事件が起きる。
精神病院長チルトンは、バッファロー・ビル捜査にレクターの力を利用しようとするが、隙を見て監視員を殺害したレクターに逃げられてしまう。
一方クラリスは、最初に殺害された女性の親交関係を洗ううち、犯人を特定するが、FBIの上司ジャックからも同時に犯人を突き止めたという連絡が入り、双方が犯人の家に向かう。
しかし、FBIが向かった先は空き家、クラリスが向かった先に犯人と誘拐された娘がいて、クラリスは一人暗闇の中で、犯人と闘い射殺する。
そしてFBI訓練生の卒業式。脱獄後、行方不明だったレクターから、卒業を祝福する言葉と、チルトン殺害予告の電話が入る。

《感想》タイトルの「羊たち」が何を指しているのか。なお、原題はlambsなので、正確には「羊」でなく「子羊」である。
様々な論議を呼んで、中にはかなり深読みの解釈もあるが、私は次のように解している。
1)犯人バッファロー・ビル:連続猟奇殺人犯の手口は、殺してから皮を剥ぐというもので、彼にとって対象の女性は子羊そのもの。
また、子どもの頃に受けた虐待が後の彼の精神的病理を生んでいて、被害者でもあった子羊バッファロー・ビルは、そのトラウマと闘い続け、凶悪犯罪を生んでしまった。
2)クラリス自身:幼少期の子羊が屠殺されラム肉とされる目撃体験がトラウマになり、子羊の悲鳴が鳴りやまない。その子羊と事件の被害者を重ね合わせ、助けたいのに助けられないと焦り、いつまでも子羊の呪縛から抜けられない。
この二人を繋ぐのがレクター博士。バッファロー・ビルの犯罪が、子どもの頃の虐待から生まれたことを指摘し、自分の患者だった犯人を示唆する。
そしてクラリスの捜査が進み、二人がお互いを探り合い、そして相手を深く知る中で、信頼関係のようなものが生まれていく。
ラストの電話で、レクターはクラリスに言う。「子羊は鳴き止んだかね?」。
これでトラウマが止めばいいのだが、事件が解決しても、人間の記憶はそう簡単に消せないし、また新たな子羊が現れる、という予言であり忠告でもあるのだろう。
アカデミー主演男優・女優賞ダブル受賞という二人の演技が凄い。特にアンソニー・ホプキンスの不気味さ・迫力は特筆もので、背筋がゾッとする怪演。
単に恐怖を煽るのではなく、その内容の奥深さ、卓越した表現力が感じられ、サイコ・スリラーの傑作だと思う。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です