『赤い天使』増村保造 1966

戦場における性、極限下の愛をリアルに描く

《あらすじ》昭和14年、天津の陸軍病院に赴任した従軍看護婦の西さくら(若尾文子)は、前線の野戦病院(分院)との間を往復しながら、負傷者の看護に当たっていた。
ある夜の巡回中、複数の患者に襲われて乱暴され、後にその首謀者は告発されて前線送りになり、帰還したときは死を待つばかりの体になっていた。
あるときは、両腕を切断した兵士に頼まれて性的処理を手伝うが、将来を悲観した兵士は病院の屋上から投身自殺してしまう。
次々運ばれてくる患者は、助かる可能性の有無で選別され、助からない者は見捨てられ、助かりそうな者は次々に手術していく。弾丸を抜く者、手足を切断する者とてきぱきと仕分けし、荒っぽい手術が続く。
そして、体の障害で戦えない者でも、国民の戦意を落とさないよう日本には返したがらないので、多くの重傷患者を抱えている。
そんな仕事の中で、岡部軍医(芦田伸介)に出会い愛し合うようになるが、彼は連日の精神をすり減らす仕事にモルヒネを常用していて、性的不能に陥っていた。さくらはそんな彼を立ち直らせようと必死になる。
さくらは岡部と共に前線に行くことになる。一行は敵の中で孤立する集落に到着するが、折しもコレラが発生し、無線機は故障し、孤立したまま敵の総攻撃を待つばかりとなってしまう。
夜になって、岡部の部屋に呼ばれたさくらは、頼まれたモルヒネ注射を拒み、岡部は禁断症状から暴れたが、その症状がおさまったとき、二人は結ばれた。
中国軍は迫って来ていて、やがて戦闘が始まり、さくらも銃をとったが、前線の日本軍は全滅した。
穴に隠れて一人助かったさくらは、ついに岡部の亡骸を見つけ、抱きしめてエンド。

《感想》戦場という極限状況、その悲惨さと性と生の現実、目を背けたくなるようなリアリズムに徹した映像は、現代では作り得ない(少なくとも商業映画では)凄さを持っている。
ヒロインは従軍看護婦という立場ではあるが、ここまで自己犠牲と博愛の志で献身的に生きていけるものなのか、その確固とした自我に感服する。
愛し合った軍医との最後の夜、彼の軍服を着て敬礼するシーンは印象に残るとともに涙を誘う。
戦場のシーン、手術のシーンが圧倒的で、強烈な反戦映画には違いないのだが、女性目線で描かれた戦争は、一層兵士の悲惨さを露呈させ、人間という動物の愚かさを見せつける。
本作は『清作の妻』と並ぶ、反戦+恋愛映画の傑作である。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です