『万引き家族』是枝裕和 2018

社会ネタ満載の力作だが、結末に疑問

《あらすじ》東京・下町の一軒家に暮らす柴田家は、父・治(リリー・フランキー)、母・信代(安藤サクラ)、祖母・初枝(樹々希林)、娘・亜紀(松岡茉優)、息子・祥太(城桧吏)の5人家族。
父は土方の日雇い仕事、母はクリーニング屋のパート、祖母は独居と偽る年金生活者、娘は怪しげなJK風俗バイト、息子は学校に行っていない。
それぞれが謎と闇を抱えているが、父と息子は生活を支えるために万引きを繰り返していた。
ある日、喧嘩の声が聞こえるアパートのベランダに、追い出されている女の子・ゆり(佐々木みゆ)を見かけ、その夜連れ帰って泊める。翌日自宅に届けようとするが、虐待がうかがえ、ゆりも帰りたくないと言うので、又もや連れ帰り6人での生活が始まる。
治は仕事現場で脚を骨折するが労災が降りず、家族の生活が一層苦しくなった頃、テレビで「少女行方不明」とゆりの画像が流れたため、一家は慌ててゆりの髪を切り、凛(りん)と名付けた。
そんな折、信代が働いていたクリーニング店を解雇されてしまう。
そして初枝の秘密も明かされる。亜紀の祖父が初枝の元夫だったが、別の女(亜紀の祖母)に奪われた過去があり、申し訳ない気持ちの亜紀の両親が初枝にこっそりお金を渡していた。その両親は、亜紀を海外留学中と思い込み、初枝と暮らし風俗店で働いていることを知らない。
ある日、初枝が突然亡くなり、凛の発覚や年金受給など様々な問題があることから葬儀は出来ず、床下を掘って遺体を埋める。
それから数日後、祥太が万引きしようとする凛をかばって、崖を飛び降り大怪我をして病院送りとなる事件が起きる。警察にバレることを恐れた一家は夜逃げしようとするが失敗して逮捕され、事情聴取を受けることになる。
そこで祥太の過去も明らかになる。祥太も駐車場で拾われた子どもだった。
更に治と信代には、かつて信代の夫を殺して遺体を埋めていたことが判明し、そのときの前科がある治をかばって、信代は自分一人の犯行と言い張り、懲役刑が決まる。
治は釈放されて自宅に戻り、祥太は施設に預けられて学校に通い始める。
そして祥太は収監中の信代の面会に行き、信代から拾われた子である事実と実父母の情報を告げられる。
治は「父ではなくおじさん」に戻り、祥太は施設に帰り、凛は両親の元に返され、みな離れ離れになってエンド。

《感想》2004年『誰も知らない』と同様に、育児放棄の問題がメインだが、それに貧困、万引き、年金不正受給、JK風俗等々、社会ネタ満載である。
社会派映画としては水準以上の出来だと思うが、問題提起のみに終わり投げっ放しの印象で、救いのないエンディングは共感や感動を大きく削いでいる。
父は自由だが孤独な身に、母は罪を一人背負って服役し、祥太は施設(いずれは実父母の元)へ、凛は虐待の父母の元へ帰った。そして亜紀は、実父母との関係も、未来予測も不明なままだった。
物語は完結を成して、初めてメッセージたり得ると思う。だから映画に物語性を求める観点からすれば、この結末は“完成度今一つ”の評価になる。
結局は血縁家族に帰結し、解決へのメッセージを途中放棄したことは、観客からすれば、子どもたちへの思い入れを拒絶されたようで、これが後味の悪さにつながる。
カンヌで過大評価されたのは、羅列された日本の社会問題が、外国ではあたかも経済大国の恥部のように映り、その新奇さが目を惹いたのかも知れない。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です