『東京夜曲』市川 準 1997

四角関係中年男女の、大人な恋愛模様

《あらすじ》下町の商店街に、数年前、家族を残して家を飛び出したきりの浜中康一(長塚京三)が帰ってきて、妻の久子(倍賞美津子)は何事もなかったかのように夫を迎えるが、久子を秘かに慕っている作家志望の青年・朝倉(上川隆也)は、浜中への反感から、浜中と久子の過去を探り始める。
浜中電気の向かいにある「喫茶大沢」を経営するたみ(桃井かおり)は、かつて浜中と恋仲にあった。
そのたみを病身の大沢が愛し、やがてたみは大沢と結婚するが、それが愛情からか憐みからかは分からない。その当時、大沢を強く想っていた(らしい)久子だったが、残された者同士のように(それぞれの想いを胸に秘めて)、康一と結婚した。
しかし、大沢の病死によって危うい均衡を保っていた四人の複雑な関係が崩れ、康一はそのことから逃れるように町を出た。
康一にもちろん負い目はあるはずだが、それを何事もなかったかのように許す久子にも罪悪感のようなものが……。かつての大沢への想いを秘め康一と結婚したこと。だが、この町にいる限り、この関係を崩すことは出来ない。
やがて浜中は家電屋を辞めてゲームソフト店にして成功し、たみは店を若手に譲って、実家のある岡山に引っ越すことになる。
四人の複雑な大人の恋愛模様があったことを知った朝倉は、久子への想いを断ち切り、作家デビューをきっかけに町を出て行った。
浜中の家に、岡山のたみから桃が届いてエンド。

《感想》若くはないが、枯れてもいない中年の男女が再会する。
過去の、ボタンの掛け違いのような四人の関係。もしかしたらもっと幸せな選択肢があったのかも知れないが、戻れない時間としがらみの日常で戸惑う。
再会した康一とたみは、想いを引きずったまま、埋められない溝を感じて、口に出せずにいる。
やっと掛けた言葉「お茶漬け食べていかない?」には別れの決意が含まれていた。
家族があり、店があり、従業員がいて、周囲の目もあれば、秘めること、我慢することを強いられてしまう。思い通りにならないのが大人な関係だが、少しほろ苦く切ない。
今となっては“懐かしい”と思える近隣関係、男女関係だが、日本的な美意識、倫理観、そして日本的な哀愁を感じさせる。
ややまどろっこしい、昭和のノスタルジックな空気に浸れる。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です