『灼熱』ダリボル・マタニッチ

紛争で断たれた愛、再生までの20年を描く

《公開年》2015《制作国》クロアチア
《あらすじ》10年毎の異なる時代に、クロアチア人青年(ゴーラン・マルコビッチ)とセルビア人の娘(ティハナ・ラゾビッチ)が民族紛争に翻弄される物語。三篇の異なるラブストーリーをこの二人の俳優が演じ分ける手法のオムニバス・ドラマ。
1)1991年:イェレナとイヴァン
クロアチア紛争勃発前夜の1991年、セルビア人の娘イェレナとクロアチア人青年イヴァンは、二人して戦火を逃れザグレブに引っ越すつもりでいた。
しかし、クロアチア国内での民族対立が激化していく中、二人が住んでいた二つの村は境界線で封鎖されてしまう。
荷物をまとめてイヴァンの村へと向かったイェレナは、兄に無理矢理連れ戻され、イェレナを追ってイヴァンは境界線に辿り着くが、立ちふさがるセルビア兵士に射殺され、イェレナは泣き崩れてしまう。
2)2001年:ナタシャとアンテ
紛争が終結した2001年、久しぶりに我が家に帰郷したセルビア人の娘ナタシャとその母は、戦火に焼かれ見る影もない家を改修するため、修理屋であるクロアチア人青年アンテを雇う。
ナタシャは兄を殺したクロアチア人であるアンテに惹かれていき、物静かなアンテもまた彼女の存在を意識し始め、修理が終わろうとした頃、二人は結ばれる。賃金を払おうとする母親に金を戻し、アンテは立ち去る。
3)2011年:マリヤとルカ
平和を取り戻し紛争の面影が消えた2011年、大学生のクロアチア人青年ルカは友人と故郷を訪ね、両親が住む実家を訪ねるが、親子の間には表面の穏やかさとは別に険悪な空気が漂う。
かつて彼はセルビア人の恋人マリヤとの仲を母親に引き裂かれ、逃げるように故郷を後にしたのだった。
マリヤを忘れられないルカは、今も隣り村で暮らす彼女に会いに行くが、彼女は二人の間の子どもを育てていて、「今さら」と拒絶される。
一旦友人たちのいる喧騒の中に飛び込むが、ルカは再びマリヤの元に向かい、二人して寄り添い、過去のしがらみを乗り越えようとする。
ラストシーン、彼女はドアを閉めず、開けたまま家の中に戻り、彼は振り返って開けたままのドアを見つめる。何かが埋まり繋がった瞬間に思える。

《感想》隣人同士が紛争によって憎み合い、紛争が終わっても殺し合った過去をぬぐい切れず、時が経ち乗り越えるための一筋の光が見えてきた……。
単純に三つの話で一つのメッセージに集結させるということではなく、紛争絡みの時代の中で、男女はどう愛を育み、どう翻弄され、どう滅んでいったか。登場する人物設定は違うのだが、同一の俳優に演じさせたのは、その連鎖性と、本質的に変わらない愛の形を描きたかったからではないか。
愛を失えば泣くし、許されぬ愛なら一層燃えるし、一度消えた愛でも再燃するかも……ラブストーリーとしては単純に過ぎる。
そんな単純な愛の形もこの地にあっては成就できない。
他国の人には理解困難な悲憤と祈りが表現されている気がするし、クロアチアの歴史を踏まえての理解が求められる。
映像面では、のぞき窓のような構図、光の絶妙な取り込みが印象に残る。
それと、ヒロインのティハナ・ラゾビッチのややワイルドな美しさも存在感十分である。
難を言えば、泳ぐ、踊るシーンが冗長に過ぎる点か。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です