『0.5ミリ』安藤桃子 2013

押しかけヘルパーの痛快な活躍で描く介護の問題

《あらすじ》訪問ヘルパーのサワ(安藤サクラ)は訪問宅片岡家の女主人(木内みどり)から寝たきりの父親の「添い寝」を頼まれ引き受ける。その家はニートのマコト(土屋希望)を含む三人家族で女主人は看護に疲れ切っていた。
その夜、思いがけず火災を引き起こし、女主人は自ら命を絶っていた。
仕事を失い、住む家もなく、おまけになけなしのお金を紛失したサワは「押しかけヘルパー」として、偶然出会った高齢者の家に入り込むことになる。駐輪場で自転車をパンクさせていた茂(坂田利夫)、書店で女子高生写真集を万引きしようとした真壁(津川雅彦)、このクセのあるジジイたちは突然現れたサワに困惑するが、次第にサワとの日々を通じて、再び生きる喜びを取り戻していく。
真壁家を出て、茂からもらった車で移動するうち出会ったのが、マコトの父親・健(柄本明)とマコトが暮らす廃屋のような「海の家」だった。マコトが生まれる前に父親は家を出ていて、夫婦・親子の確執は根深く、マコトは口をきかずニートで、それは今も続いていた。
そしてマコトが実は女の子であったことが分かる。祖母の形見だったワンピースを着て、女として生きようとするマコト、茂が残した100万円を見つけたサワ、二人は旅立って行った。

《感想》介護というと深刻さは避けられないが、サワが出会った茂さんは子どもにも邪険に扱われている孤独老人、最後は自分の意思で老人ホームに入所していく。先生だった真壁老人は妻が呆けて寝たきりで老々介護の身、行く当てはないのに出掛けてしまう。共に憎めないとぼけたキャラで、サワに翻弄されながらそれを楽しんでいて、孤独地獄からの救い主がサワだった。
それに比べると、片岡家の闇は深い。後半登場するマコトの父・健から真実を匂わせる言葉が出る。マコトの実の父親は祖父で、そのため健は家を出て、マコトを祖父の手から守るため、男の子として育てた、というような。マコトもやっとこの呪縛から解き放たれ旅立ったというエンディングなのだろうが、消化しにくいほど重すぎるというのが本音である。
それでもこのニューヒロインは凄い。天使でも悪魔でもなくて、大人の女のようでもあるが、幼児にも思えたり、ときには詐欺師のようでもあり……。バイタリティがあって、可愛くて、どんな人とでも本気で関わりあえてコミュニケーションがとれる稀有なキャラクターである。このキャラによって(片岡家の闇を除けば)重すぎないエンタテインメント作品に仕上がっている。
3時間超は長すぎるし、後半は少しダレる印象もあるが、ロードムービー風の展開に引き込まれて観た。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です