『クライング・ゲーム』ニール・ジョーダン 

サソリに愛されたカエルの困惑が笑えない喜劇になった

《公開年》1992 《制作国》イギリス
《あらすじ》背景は北アイルランド紛争。北アイルランド過激派IRAは英国兵士ジョディ(フォレスト・ウィテカー)を拉致監禁するが、監視役のファーガス(スティーヴン・レイ)は生来の優しさで兵士に接するうち二人に友情に近い感情が芽生える。
そして交渉決裂し処刑が決まるが、躊躇するうち兵士は逃走し事故死してしまう。
ファーガスはロンドンに逃げ、死んだ兵士の恋人ディル(ジェイ・デヴィッドソン)を訪ね、正体を隠して接近するが、互いに惹かれ合っていく。しかし、ディルは本当は男性で、ファーガスは拒絶し、ディルはそのことで傷つき、二人の間に微妙な距離が生まれる。
そこへ昔の組織の仲間が現れ、新たなテロ行為の指示を出し、断わればディルを殺すと言う。ディルの髪を切って男装させホテル住まいをさせるが、疑いを持ったディルに縛り上げられ、テロは失敗に終わる。
テロに加わらなかったファーガスを消しに仲間の女テロリストが現れるが、ディルが射殺し、ファーガスがディルを庇い逮捕される。そして刑務所で面会する二人の姿でエンド。

《感想》物語は人のいい過激派と拉致された人質の間に生まれた友情から始まるのだが、死んだ人質の恋人を訪ねると、そこに恋が芽生え、しかも相手はゲイだったという展開。
出だしはサスペンス風、過激派と人質の会話に出るのがサソリとカエルのエピソードで、カエルに背負われ川を渡るサソリが途中でカエルを刺してしまい、沈むときカエルに言う「分かっているがやめられない。これが俺の性(さが)なんだ」。これがバイセクシャルの伏線とは思わなかったが、ジョディはこのとき既にファーガスに、自分と同じ「性」を感じ取っていたのだろう。愛するディルをこの男なら任せられるだろうと。
物語には徐々に軽妙な方向に、コメディの味付けも加わっていく。ファーガスにとって、その気はないが捨てられず、守るしかない……何だろう、この微妙な感情は?広い意味で愛情ではあるが……。あなたならどうする?と突き付けてくる。主人公はここでカッコ良さ、潔さ、誠実さ、優しさを見せる。しかし本音はきっと成り行き任せで、将来はどうなるものか判らない。
ディルにとっては切なさ一杯の恋、ファーガスはサソリを背負ってしまったカエルで、共に沈むしかない思い。でも、悲壮感はなく、温かい余韻に満ちたエンディングだった。
捻りに捻ったイギリス喜劇の面白さを見た。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です