『仁義なき戦い 広島死闘篇』深作欣二 1973 

群像劇から抜け出した孤高のやくざの恋と悲劇

《あらすじ》昭和27年、刑務所帰りの若者・山中(北大路欣也)は愚連隊大友勝利(千葉真一)らから暴行を受け、それを村岡組と組長の姪・靖子(梶芽衣子)に助けられ、それが縁で山中は村岡の若者となる。
やがて山中と靖子は愛し合うようになり、それを知った村岡の逆鱗に触れ、九州に飛ばされるが、そこで見事に殺しをこなしたことから、村岡に呼び戻され正式に盃を受ける。
一方、暴れん坊の勝利は村岡組に対抗意識を燃やし、父が会長の大友連合を離れて博徒・大友組を結成し、村岡組との対立抗争が勃発する。
そして村岡の策略に操られ(靖子との仲を認めるフリで)大友組を壊滅させるヒットマンとなった山中は、実行して逮捕され無期懲役となる。ところが刑務所で靖子の結婚話の噂を聞き、裏切られたと知った山中は、刑務所を脱走し村岡の元へ行く。村岡はそれを否定し、山中は勝利を追うヒットマンであるとともに、警察から追われる指名手配犯になる。
警察に包囲され、もはや誰も信じられなくなった山中は拳銃で自決する。山中の葬儀は盛大に行われたものの、参列した広能(菅原文太)は、周囲の親分衆が山中を「任侠の鏡」と誉めちぎる中、虚しさをかみしめていた。

《感想》第1作に続き、懐柔策を講じる親分(名和宏)を軸に腹の探り合いと駆け引きが繰り広げられ、それに乗ってしまった無謀な若者たちの殺し合いが続くという展開になっている。だが本作は実質的な続編ではなく、広能が一歩引いて脇に回り、山中という孤高のヤクザを主人公にした番外編であり、ラブストーリーに重きをおいているところから異色作でもある。
また、基本的には群像劇のシリーズなのだが、本作では山中と大友勝利という二人のヤクザをクローズアップし、不器用過ぎるが故に上からいいように操られてしまう山中の悲劇と、何者にも縛られず狂犬のように暴れ回る勝利という一見対照的な(その実、抑えが効かず突っ走る共通点もあるが)キャラクターを絡ませることで、この社会の中枢にいる「上の世代」への反発を描き、シリーズ中最も若者の共感を得た作品と言える。
それは単なる組織の抗争劇から脱却し、山中、靖子、勝利という人間像への共感(あるいは反発)であり、それは特攻隊上がりで寡黙にして不器用だが仁義を通す北大路、粗暴にして下品、やりたい放題の怪演・千葉、子持ちの未亡人だがまだ若く爽やかな色香漂う梶……役者もしっかりハマっていて、共感に応えている。
抗争劇を主軸にした実録路線のシリーズにあって、女性客の共感を得て涙を誘うのは本作だけかも知れない。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です