『黒い雨』今村昌平 1989 

原爆が生んだ差別、それは消えても新たな差別が生まれている

《あらすじ》昭和20年8月6日の広島、原爆投下のとき、矢須子(田中好子)は叔父夫婦(北村和夫、市原悦子)の元へ行くため、瀬戸内海を渡る途中で「黒い雨」を浴びてしまった。
それから5年が経ち、矢須子の元に縁談が持ち込まれるが、「ピカにあった娘」と破談になった。地主の叔父は被爆して重労働ができないため、先祖代々の土地を切り売りしながら、原爆病に効くという鯉の養殖を始め、毎日釣りをしながら暮らしていた。
小作農家の息子・悠一(石田圭祐)は、戦時中の布団爆弾体験の後遺症から車のエンジン音を聞くとパニックになり、「敵襲!」と叫びながら車に突撃してしまうのだった。村人の中から相次いで原爆症による死者が出て、矢須子も死の不安を抱き、結婚を諦め叔父夫婦と暮らす決意をする。そこへ悠一の母から思いがけない結婚の申し入れがあり、叔父は戸惑うが、矢須子は一緒にいると安らぎ、心が通い合っていることを告白する。その後、叔母が発症して亡くなり、矢須子にも脱毛というはっきりした症状が現れる。そして倒れ、悠一に付き添われながらトラックで病院へ向かい、見送る叔父の姿でエンド。

《感想》冒頭の原爆シーンが鮮烈。「はだしのゲン」を参考にしたというが、ガレキとなった街を彷徨う人の群れ、それは焼けただれた人、黒い死体の山の地獄絵で、よくここまで実写化できたと思うが、モノクロ映像なので黒い雨も赤い血も識別できず、むしろ救われた思いがする。このシーン以外はほとんどのどかな田園風景なので、悲惨さとの対比が著しい。
矢須子の気持ちを映像で表現した印象的なシーンが二つ。①風呂で大量の抜け毛があり、発症を自覚するシーン。唖然、絶望、そして薄ら笑いにも見える引きつった表情、いろんな思いが去来したことだろう。②寝たきりだった矢須子が散歩に出た池で、普段は見ない大きな鯉が飛び跳ねるのを一瞬目撃し、矢須子の目には幾度も飛び跳ねたように映り、狂喜する。幻の大魚の生命力に自分の残された命を重ね、束の間の希望を託したのだろう。
田中好子の抑え気味の演技は、当時の地方に住む適齢期女子の一般像を自然に演じていて、多くを望めない暮らしの中の喜怒哀楽、死へと向かっていく中での不安と希望、それらが過不足なく伝わってくる名演である。
映画は、叔父が矢須子を乗せた車を見送りながら、もしも遠い山に色鮮やかな虹が架かれば奇跡が起きると祈って終わるが、DVDに付いている未公開カラー部分には、終戦から20年後の昭和40年に、矢須子が巡礼となって一人、四国の霊場巡りをする様子が描かれている。乞食のような姿ゆえ、若者に絡まれたり、観光バスの団体旅行者から食べ物を投げられたり、惨めな体験をし、矢須子は心底「私は死ぬまで美しくありたい」と独白する。差別は単に戦争や原爆によってもたらされたものではなく、人の心の奥底から生まれ、戦後もまた豊かになった今も、なくなることはないというメッセージである。

※他作品には、右の「タイトル50音索引」「年代別分類」からお入りください。

投稿者: むさじー

名画座通いの昔からネット配信の現代まで、温故知新、共感第一、ジャンル無節操をモットーに選んでいます。 何度も、観る度に感動する映画は大切ですが、二度と観たくない衝撃に出会うのも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です